殺人診断

殺人診断

ジョン・ホルト

$2.99

  • Description
  • Author
  • Info
  • Reviews

Description

医師たちが、恐ろしい勢いで消えていく。事故か、自殺か、それとも殺人か。
「ケンドールさん、この数ヶ月の間に、数多くの医師が、不可解な失踪を遂げたり、事故や自殺扱いで亡くなったり、もしくは、実際に殺されたりしています。」
ケンドールは、この「他の医師たち」について調査すべく、心の中でメモをとった。「数多くの医師、と仰いましたね。何人の話をしているのですか?」
イートン夫人は、少しの間考えた。「私が知っている限りでは、この六ヶ月の間に、少なくとも八件。もしかしたら、私が知らない件が、更に何件もあるのかもしれません。」


Author

ジョン・ホルト:
1943年ハートフォードシャー州ビショップズ・ストートフォード生まれ。私は現在、妻マーガレット、娘エリザベス、それから私たちを飼い主として選んでくれた猫のミッシーと、エセックス州に暮らしています。2008年に定年退職するまで、私は長い間、測量士をしていました。私は、いつも小説を書きたいと思っていましたが、なかなか良い構想が浮かびませんでした。2006年に執筆した、私の処女小説「カマー湖の事件」は、オーストリアでの休暇から発想を得た作品です。それに続く本「マッケンジーのファイル」「マリンスキー事件」「伝染病」「市内の殺人」は、全て地に足のついた私立探偵トム・ケンドールを主人公にした作品です。2012年八月、私は自主出版の道を行くことを決心し、自身の出版ブランド『フェニックス』を創設しました。2013年八月に出版された「サッカレーの日記」は、アブラハム・リンカーン暗殺における仮説小説となっています。私の最新作品「殺人事件」は、アイルランドが舞台となった、新たなトム・ケンドール小説です。最近、私は新しい主人公ジャック・ダニエルズを創り上げ、これまでに三作の中編小説を執筆してきました。私は、現在トム・ケンドールの七作目の小説に取り組んでいます。

Info

Reviews